飯吹研ブログ

2008年10月7日練習内容

, by 飯吹研

10月に入り、依頼演奏や飯能祭り等が近づいてきました。
やはり、芸術の秋、なのでしょうか...。
今回は木管、金管とも参加メンバーが充実していました。
個人的には、日高組のBass Cl.×2のおかげで、かなり助かりました。

参加人数:Fl.4(Guit.1含む)、
       Cl.7(日高市吹メンバー3含む)、
       Sax.5、Hr.2、Tp.4、Tb.4、
       Tuba.1、Bass.1、Drs.1、Cond.1

練習曲目
◎崖の上のポニョ
◎Believe
◎瞳
◎演歌メドレー

10月11日の入間市大樹の里での依頼演奏や、それ以降の本番に向けての練習。久々の指揮入りで、通しが中心でした。
曲によっては、テンポ設定が変わっているものもありますので、指揮を見てしっかり合わせていきましょう。

楽譜を持ち帰れるようになりましたし、音出しが出来なくても譜読み等の練習はできますね。また、楽譜に書き込みをしていくのも必要でしょう。
週に1回だけの練習では、以前に指摘された注意点を忘れてしまっている事が多々あると思います。
練習の際に注意された部分、個人練習していて気になった部分等にチェックをしておくと、次の練習に役立ちますし、他の曲の似たような箇所でも応用できるようになります。
さらに、その内容を同じパートやセクションの中で共有出来ると理想的ですね。練習や本番毎にメンバーが替わっても、その注意点が受け継がれていれば、演奏がずっとまとまりやすくなります。

最近の練習でも経験されている方も多いと思いますが、ちょっとしたことを意識するだけでも、演奏はガラっと変わるものです。
ただ、どこで何を意識するのか忘れてしまっては、いつまでも次のステップに進めません。
大きな目標のために、ちょっとしたことを、少しずつ積み重ねていきましょう。

コメントする

PAGE TOP