飯吹研ブログ

2008年11月4日練習内容

, by 飯吹研

飯吹研の重要なイベントの一つ、飯能祭り終了後の初練習。
いきいき原市場祭りへ向けての練習でした。

参加人数:Fl.3、Cl.5(日高市吹メンバー1含む)、Sax.4、
       Hr.1、Tp.3(飯信メンバー1含む)、Tb.2、
       Tuba.1、Bass.1、Guit.1、Cond.1

練習曲目
◎ジャパニーズ・グラフィティXIII「スポーツは青春ダァー!」
◎ジャパニーズ・グラフィティXII
 銀河鉄道999 (TV版) ~宇宙戦艦ヤマト ~銀河鉄道999 (劇場版)

テンポチェンジの調整や、ユニゾンの音程に焦点を合わせた練習でした。
音程を合わせるためには、各々が耳を使っていかねばならない事は当然ですが、一人一人が自分の音程のクセを理解していることが重要になります。

楽器の構造上、音程がズレ易い音や、演奏者の音程感によってズレてしまう音があります。個人練習の際、チューナーを使って自分のクセを確認してみましょう。
大事なことは、まずは普段の自分が吹きやすい状態での音程を確認することで、最初から無理に合わせようとして、不自然な吹き方にしない事です。
確認が出来たら、あとは練習でいい音程のクセを身に付けていくように心掛けるのですが、楽器によってアプローチが変わってくるので、細かくは書きません。
ある程度音程をコントロールできる、ストレスの無い奏法を身に付けるのが理想でしょう。

ハーモニーを合わせる事は、更にその延長上にあります。
研究会の名のとおり、音楽を、演奏をもっと掘り下げて、もっと楽しんでいきたいですね。

コメントする

PAGE TOP