飯吹研ブログ

2009年3月10日練習内容

, by 飯吹研

桜祭り、40周年記念コンサートへ向けた練習。
今回の桜祭りは、40周年記念行事の一つとして演奏します。

参加人数:Fl.2、Cl.5(聖望生1含む)、Sax.4、
       Hr.2、Tp.2、Tb.3、Guit&Banjo.1
       Perc.2(聖望生1含む)、Bass.2(聖望生1含む)
       Cond.1

練習曲目
◎Cherry Cherry(過去の練習内容1/62/17)
◎I Can't Stop Loving You(過去の練習内容2/172/24)
 参考音源(ベイシー・バンドの演奏ではありませんが、同じアレンジです)
 CDサンプル(ベイシー・バンドの演奏で30秒ほどサンプルが聴けます)

久々にリズム音源を使わずに練習。
どちらの曲も、力みすぎずに軽く演奏するように...。
メトロノーム等の機械的なテンポを使わないと、互いに合わせつつ演奏していくので、テンポのブレが分かりにくくなります。
発音があまくなりやすい音や、リズムが難しい部分では、どうしてもテンポが遅れてしまいます。力みがあると、演奏が更に重くなってしまいます。
次の機会こそは録音したいと思っていますので、皆さんで聞き返してみましょう。

<発音>は演奏技術の中でも、基礎力が問われるものの一つだと思います。
<思った通りタイミングで、思った通りの音を鳴らす>この一見当たり前のことが、とても重要なのです。
<発音>を磨いていくには、やはりメトロノームを使った練習が欠かせません。
この記事この記事この記事等も参考にしてみてください。

上にも書きましたが、今回の桜祭りは飯吹研40周年記念行事の一つです。
多くの方々の前での演奏は、飯吹研の名を広め、記念コンサートのPRや会員募集等、様々な意味を持っています。
自分達の演奏を、よりアピール出来るよう、更に練習に励んでいきましょう。

コメントする

PAGE TOP