飯吹研ブログ

2009年3月24日練習内容

, by 飯吹研

桜祭りと、40周年記念コンサートに向けた練習。

参加人数:Fl.3、Cl.4(日高市吹メンバー1含む)、Sax.5、
       Hr.1、Tp.1、Tb.3、Euph.1(聖望生)、
       Tuba.1、Guit.1、Bass.1(聖望生)、
       Perc.3(聖望生2含む)、Cond.1

練習曲目
◎演歌メドレー(過去の練習10/710/1910/21)
◎I Can't Stop Loving You(過去の練習2/172/243/10)
 参考音源(前回とは違う演奏。ベイシー・バンドでは無いが、ほぼ同アレンジ)
 CDサンプル(ベイシー・バンドの演奏で30秒ほどサンプルが聴けます)

「演歌メドレー」は、飯吹研の特徴である<モーツァルトから北酒場まで...>というキーワードを生む元にもなったものです。
前回練習した「服部良一~」と同様、歌モノの曲なので、楽器で演奏する際には注意すべき点があります。
また、歌詞の意味も意識した歌い回し(吹き回し)も必要になってきます。

今回の練習では、ユニゾンの音程が気になる部分が多くありました。
音程に関しては、こちらこちらを参考にして、今一度個々の音程感を確認しておきましょう。

「I Can't Stop~」は、会長に代わりウッディーさんが指導。
上にもリンクしていますが、アレンジの元になっているカウント・ベイシーOrchを意識した曲作り。
ジャズの特徴的な3連のイントネーションは、慣れていないと難しいものです。気を抜くと転んでしまったり、もたれてしまったりと、落ち着かない演奏になってしまいます。

飯吹研には、ジャズのイメージが多かれ少なかれありますので、このジャンルを更に磨きを掛けていきたいですね。
得意な分野を伸ばし、他の分野にもそれを活かしていけると、相乗効果で演奏が更に深みのあるものになっていくでしょう。
そして<モーツァルトから北酒場まで...>のとおり、更に幅広いジャンルを、柔軟に演奏していきましょう。

桜祭りは、4月5日(日)13:00頃から、飯能市中央公園で演奏します。
このブログをご覧の皆さん、是非、飯吹研の演奏を聞きにいらしてください。
メンバー一同、心よりお待ちしております。

コメントする

PAGE TOP