飯吹研ブログ

2009年4月14日練習内容

, by 飯吹研

40周年記念演奏会、候補曲の練習。

参加人数:Fl.3、Cl.3(日高市吹メンバー1含む)、
       Sax.5(聖望生1含む)、Hr.2、
       Tp.4(見学者1含む)、Tb.3、Euph.1(聖望生)、
       Tuba.1、Bass.2、Perc.1(聖望生)、

練習曲目
◎サンチェスの子供達
◎聖者の行進(過去の練習内容9/21/202/172/243/33/31)
◎第一組曲

会長不在のため、メトロノーム(リズム音源)を使用して練習。

「サンチェス~」は、やや遅めなテンポで、軽く通して終了。
曲を知っているか、昔演奏したことがあるメンバーが多かった為か、スムーズに進められました。
もちろん、作りこむには時間を掛けねばなりませんが...。

「聖者~」は桜祭りの反省と復習として、テンポを落として通し&部分練習。
合奏で取り上げた回数が多いですが、まだまだ詰めが甘い箇所も多く見られます。
今後はクラシカルの曲目にも、合奏時間を割かねばならなくなってきますので、過去の練習内容を参考に、ゆっくりのテンポから練習をしておきましょう。

「第一組曲」は、定時練習としては初練習。少しテンポを落として通し&部分練習。
合奏基礎力が問われる作品です。ユニゾンが多いですので、音程には特に注意が必要です。
過去の記事(11/412/23/33/24)に書いたように、個々の音程を確認し、理想的な音程にコントロール出来るよう練習をする必要があります。
他にもダイナミクス(音量)等の表現力も、より磨きを掛けていきましょう。
ちなみにこんな演奏もあります...原曲は<for military band>です。

クラシカルでもポピュラーでも、合奏で曲を作り込んでいくためには、個々の演奏力のレベルアップは欠かせません。
このブログでも様々な練習方法等を紹介してきましたが、難しいものや理解しづらいものもあると思います。一朝一夕には出来ない内容もあります。
このブログをご覧の方で、質問や要望等がありましたら、遠慮なくコメントを残してください。メンバーか否かは問いません。

練習は目的と目標、そして積み重ねが必要です。大きな目標の為にちょっとしたことの積み重ねをしていきましょう。

さん、補足しておきました...。

コメントする

PAGE TOP