飯吹研ブログ

09年6月16日 40周年記念コンサート、クラシカル曲の練習

, by Adolph

この日も40周年記念コンサートの第一部、クラシカル曲の練習

参加人数:Fl.4、Cl.5(日高市吹メンバー1含む)、Sax.4、Hr.1、
       Tp.4、Tuba.1、Perc.3(聖望生1含む)、Bass.1、Cond.1

練習曲目
シンフォニア・ノビリッシマ(過去の練習内容8/262/105/126/9)
  曲目解説
第一組曲(過去の練習内容4/145/266/9)

「シンフォニア~」は、フレーズの捕らえ方を指摘。
短い音符で音楽の流れがとどまらないように、スムーズに流れるように演奏しましょう。
また、大きな流れの中での音量の変化を捉えていけるよう、曲の構成に慣れていくことも必要です。

「第一組曲」は時間の都合で、IntermezzoとMarchのみ、通しを中心に練習。
この曲はテンポの変化があまり無いので、曲をより印象的に演奏するためには、音量やアーティキュレーション等の変化が、より重要になってきます。

どちらの曲も、譜読みが足らなかったり、個人練習が不足の箇所が見受けられます。
楽譜の細かい指示をしっかりと読み、また曲の大きな流れを捉えていきましょう。
また、個々の音程確認や音色を磨くなど、やるべきことは多々あります。
それらの為にも、個々に練習を録音...これを更にすすめていきたいものです。
自分の演奏を客観的に聞きなおす、それによって個々の課題がはっきりし、練習の効率化も図れるでしょう。

コメントする

PAGE TOP