飯吹研ブログ

09年6月28日週末追加練習 記念コンサートクラシカル曲の練習

, by Adolph

記念コンサートに向けての週末追加練習日。

参加人数:Fl.3、Cl.3、Sax.4、Hr.1、Tp.2、
       Tb.2、Tuba.1、Perc.1、Cond.1

練習曲目
第一組曲(過去の練習内容4/145/266/96/16)

定時練習と比較すると、少なめな参加人数だったので、アンサンブル的な練習でした。
やはり、音の長さや形に気を付けるように指摘される事が多いですが、<一つひとつ音を並べていくだけではなく、大きな音の流れ(フレーズ)を意識する>事を再確認しましょう。
練習の際には、まずは全てスラーで(タンギング無しで)フレーズを吹ききるようにして、音の変わり目を意識しましょう。音のつながりがスムーズに(音量や音質等々がムラ無く)なるように心掛けましょう。
レガートについても参考に...。

レガートやその他の奏法も、文字や言葉だけで説明するのはとても難しいものです。演奏でそれらを表現することはさらに難しいですが、演奏の際(練習、本番に関わらず)にいつも心掛けていれば、少しずつでも慣れていけるでしょう。
CDでも生の演奏でもスムーズな演奏を聴き、自分達の演奏と比較して、何が違い何が必要なのかが、よりはっきりしてきます。

この日の練習には、記念コンサート出演のため、数年ぶりに楽器を吹いた、というメンバーが参加し、共に練習時間を過ごしました。
都合で定時練習には参加が難しいけれど、週末の追加練習なら時間を作れる、ということで、久々の参加でした。
ブログをご覧の方にも、楽器経験があるがしばらく演奏していない、という方もいらっしゃるでしょう。そういった方でも、気軽に参加していただけます。
もちろん本番直前は、曲の仕上げの為の練習となりますので、出演メンバーでの練習を優先することになりますが、見学等はいつでも歓迎です。
もしご興味がありましたら、まずはこちらまでご連絡ください。
一緒に音楽を楽しみましょう。

コメントする

PAGE TOP