飯吹研ブログ

09年7月14日 40周年記念コンサート、クラシカル・Pops曲の練習

, by Adolph

久しぶりの火曜定時練習でした。

参加人数:Fl.3(Guit1含む)、Cl.5(日高市吹メンバー1、聖望生1含む)、
       Sax.6(聖望生1含む)、Tp.2、Hr.2、Tb.4、Euph.1(聖望生)、
       Tuba.1、Bass.2(聖望生1含む)、Perc.4(聖望生3含む)、Cond.1

練習曲目
祝典序曲(過去の練習内容9/236/9)
◎デューク・エリントン・メドレー

「祝典序曲」は、ゆっくり目のテンポで通しを中心に練習。
この曲は個々の曲の理解度や個人練習量等の差が、はっきりと表れてしまうと思います。
他の曲よりも合奏の回数が少ない事もありますが、より時間を掛けて個人練習を重ね、
曲に慣れていく必要があります。もちろんメトロノームの使用も忘れずに...。更に録音も出来れば...。
ウラ拍の連続など、基礎力が試される箇所も多くありますが、一つひとつの音を吹き分けてしまわず、他の曲と同様にフレーズの流れを意識した演奏を心掛けましょう。

「デューク・エリントン~」は、初見のメンバーも多かった為、軽く通した程度。
この曲もやはり、メトロノームを使った個人練習の積み重ねが必要な部分が多いです。
特にテンポの速い部分では、一発のキメの一瞬のズレが命取りになります。正確なタイミングでの発音を、しっかりと練習していきましょう。参考記事
またこの曲は、今回の楽譜を基本に、少し手を加えていく予定です。

この数ヶ月の間に、幾つかの演奏会で演奏会チラシの折り込みをお願いしてきました。
今後も数回予定しており、様々な方法で演奏会の広報をしていきますが、やはりメンバー個々のPRや口コミ等が重要になってきます。
演奏会をより盛り上げる為にも、引き続きPR活動に力を注いでいきましょう。

このブログも、開設から1年以上過ぎました。これまでの練習や本番等の積み重ねが、この場にあります。
管理人さんの尽力によって、特定の単語による検索や、トラックバックの機能も追加されました。
過去の記事には、様々な練習方法や意識すべき注意点等を載せています。あえて個々の曲の具体的な内容は載せていませんが、様々な内容が多くの曲で応用できますので、是非それらを参考にしていってください。

コメントする

PAGE TOP