飯吹研ブログ

09年7月21日 40周年記念コンサート、クラシカル・Pops曲の練習

, by Adolph

40周年記念コンサートのクラシカル、Pops候補曲の練習。

参加人数:Fl.4(Guit.1含む)、Cl.6(日高市吹メンバー1含む)、Sax.7、
       Tp.1(エキストラ)、Hr.2、Tb.3、Tuba.1、Bass.2(聖望生1含む)、
       Perc.2(エキストラ1、聖望生1)、Cond.1

練習曲目
シンフォニア・ノビリッシマ(過去の練習内容8/262/105/126/96/16)
  曲目解説
◎私のお気に入り
チキン

「シンフォニア~」は曲頭から、所々返しながら最後まで練習。
前回指摘された音の長さが、まだ改善されていないようでした。
スラーが付いていなかったり、スタッカートのフレーズでも、練習で一度タンギング無しで吹いてみて、フレーズの構成を確認し、息や舌のコントロールを意識することが必要でしょう。
その他、様々な基礎力が問われる箇所が多いですので、クリニックで習ったことも活用して、より表情豊かな演奏を作っていきましょう。
毎回になりますが、過去の記事を参考にしてみてください。パソコンを利用すれば、右側の単語検索機能が、とても役立ちます。

「私のお気に入り」と「チキン」は、ざっと通した程度。
「私のお気に入り」は、なかなか手ごたえのあるアレンジですので、しっかりと譜読みをしておきましょう。
チキン」は、ほとんどソロを聞かせるような曲ですが、テーマのニュアンスもしっかり揃えていきましょう。

この日は、特に木管の参加者が充実していて、曲の作りこみも進めやすかったと思います。
また、ホルンの強力なサウンドが、特にクラシカルの曲で大きな効果をもたらしてくれています。
数少ない練習で、曲作りを効率的にすすめていく為にも、なるべく多くのメンバーの練習参加が望まれますね。

7/19の○石さんの記事にもありますが、演奏会の演出企画や曲目が決まってきました。
林寸君からもありましたが、やるべきことはシンプル...練習と集客...です。
もちろん、来ていただいたお客さんに、満足してもらうことも大事ですね。
集客の為には、自分(達)の演奏に自信を持てなければなりません。その為には練習が欠かせないでしょう。

効率のいいと思われる練習の方法も、過去の記事の様々な箇所で書いています。とりあえず曲目の後の<過去の練習内容>のリンク等をたよりに、まずは探してみてください。
ネット上にも様々な情報が見つけられますが、中には間違った情報も多々見られますので、活用するにはそれなりの見極め力が必要になってきます。
分かりにくいような場合は、コメント等でお尋ねください。もちろん直接でも構いません。

録音会まで一ヶ月を切りました。合宿の日程も、ほぼ決まっています。残された合奏練習回数、時間を有効に使っていきましょう。

コメントする

PAGE TOP