飯吹研ブログ

09年8月25日 40周年記念コンサート、Pops曲の練習

, by Adolph

録音会の後、最初の定時練習日。演奏会まで95日。

参加人数:Fl.3(Guit.1含む)、Cl.7(日高市吹メンバー1含む)、
       Sax.7(聖望生1含む)、Hr.1、Tp.2、Tb.4、Euph.1(聖望生)、
       Tuba.1、Bass.1、Perc.5(聖望生2含む)、Cond.1

練習曲目
Birdland(過去の練習内容7/158/121/131/204/74/285/125/198/88/188/23)
◎くるみ割り人形より 3つのダンス・メドレー(過去の練習内容8/118/23)

2曲とも録音会で録った演奏に基づき、細かい箇所を練習。

「Birdland」は、テンポを落としてリズムの細かいズレを確認~修正。
今一度、楽譜に書いてあるアーティキュレーションを確認し、微妙なニュアンスの違いを出していけるように練習。
過去の練習内容も見直して下さい。
曲のエンディングは、今後調整することに...。

「くるみ割り~」は、まだまだ練習の回数が少ない事もあってか、譜読みが浅い箇所が多々見受けられます。
気をつけるべき点は、他の曲とも同様だと思います。
まずは楽譜に正確に...。そして、音の長さを充分に、レガートでは息の支えをしっかりと...等々。
PCでご覧の方は、右側の<検索単語>を利用して、過去の記事を参考にしてみてください。

録音会のCDを聞き、自分達に必要なことがはっきりとしてきたと思います。
練習の方法や注意すべき点は、過去の記事にも書いてありますし、これからの合奏練習の中でも提示していくつもりです。
効率的な練習方法を教えることは出来るでしょうが、練習せずに課題を克服、上達することは出来ませんね。
残された時間は限られていますし、<少し考えて>練習をしていきましょう。

9月には入間市民吹奏楽団との合同での演奏があります。
他団体との交流を図ることで、いつもの飯吹研と違う刺激を得られると思います。
この刺激を自分達の演奏にも反映していきましょう。

09年8月23日 録音会

, by Adolph

40周年記念コンサートに向けての録音会。演奏会まで97日。

参加人数:Fl.4(Guit.1含む)、Ob.1(エキストラ、)、
       Cl.8(日高市吹メンバー1含む)、Sax.5(聖望生1含む)、Hr.1、
       Tp.5、Tb.4、Tuba.1、Bass.1、Perc.4(聖望生2含む)、Cond.1

練習曲目
祝典序曲(過去の練習内容9/236/97/148/48/16)
第一組曲(過去の練習内容4/145/266/96/166/287/288/88/16)
シンフォニア・ノビリッシマ(過去の練習内容8/262/105/126/96/167/218/88/16)
  曲目解説
Birdland(過去の練習内容7/158/121/131/204/74/285/125/198/88/18)
Mas Que Nada(過去の練習内容6/247/17/221/204/76/237/288/18)
◎青春の輝き(過去の練習内容2/33/33/31)
◎くるみ割り人形より 3つのダンス・メドレー(過去の練習内容8/11)
チキン(過去の練習内容7/218/8)
I Can't Stop Loving You(過去の練習7/17/222/172/243/103/244/286/238/4)
◎Tuba Tiger Rug(過去の練習11/1812/212/9)
◎ルパン三世のテーマ

演奏予定曲目のほとんどを録音し、自分達の演奏を客観的に確認しました。

午前中はクラシカル3曲を練習~録音。昼食をはさんでチェック。
参加者個々に意見を出し合い、今後の課題等を話し合いました。
その後、Pops系曲目の録音と部分練習、確認等々...。

以前からも練習録音の重要性を、このブログでも書いてきましたが、
全員で録音を聞き、意見を出し合うということで、演奏の現状を認識し、今後の練習の方向性を再確認できたと思います。

今年度の総会で、この日の録音会の開催を決定し、当面の目標として練習をしてきました。
演奏会まで100日を切り、練習も詰めの段階に入っていきます。

個々の練習もさることながら、パートごとセクションごとの練習にも力を入れていきたいですね。
個々のサウンドを活かしながら、合奏での全体のサウンドに寄せていく、この二つを上手く両立していけると、バンド全体のサウンドがより効果的になっていくだろうと思います。

演奏会本番たった一度の演奏で、聴いてくれている皆さんに届けるサウンドをイメージしながら、自分達の音作りに更に励んでいきましょう。

09年8月18日 40周年記念コンサート、Pops曲の練習

, by Adolph

録音会前、最後の練習...この記事を書いている時点で、本番まで100日となりました。

参加人数:Fl.3(Guit.1含む)、Cl.5(日高市吹メンバー1含む)、Sax.5、Hr.2、
       Tp.3、Tb.4、Tuba.1、Bass.2、Perc.4(聖望生1含む)、Cond.1

練習曲目
Mas Que Nada(過去の練習内容6/247/17/221/204/76/237/28)
Birdland(過去の練習内容7/158/121/131/204/74/285/125/198/8)
◎デューク・エリントン・メドレー(過去の練習内容7/147/288/11)
参考音源:Sophisticated LadyPerdidoその他

「Mas~」は、指定より遅めのテンポで、通し~部分練習。
Sax Soliの後、全体のSoliの歌い方を、更に揃えていきましょう。ピッチはもちろんの事、ダイナミクスや音価等も合わせられると、とてもスリリングで楽しめる演奏になると思います。
スウィングの箇所で、テンポが重くなりすぎないよう、注意が必要です。

「Birdland」は、パートごとのリズムのズレを、効果的に聞かせられるよう、まずは楽譜を正確に...。そして<間>を活かした演奏を心掛けましょう。
特に金管は、シンコペートした音を引っ張り(伸ばし)過ぎて、リズムが重くなりやすいので、軽快さを意識していきましょう。
また、全体に強く(大きく)なりすぎる傾向があるので、押さえるべきところを確認し、メリハリのある演奏をしていきましょう。

「デューク~」は前回同様、アーティキュレーションが揃っておらず、雑な印象があります。
出来るだけパートやセクション練習をして、ニュアンスを揃えていくようにしたいですね。
また、一部テンポ設定を変更しましたので、気をつけましょう。

この記事の最初にも書きましたが、いよいよ本番まで100日です。
録音会では、本番さながらの演奏を録音し、自分達で確認します。録音会とはいえ、本番同様の集中力が必要になります。
以前からブログでも書いていますが、客観的に演奏を確認することは、とても重要なことです。
自分達の演奏に自信と責任をもって、お客さんに楽しんでいただけるよう、更に練習に励みましょう。
そして本番の演奏は一回限りです。そのたった一回の為に、より集中力を高めていきましょう。

09年8月16日 週末追加練習

, by Adolph

8月も半ばを過ぎ、録音会まであと一週間...本番まで、あと100日あまりです。

参加人数:Fl.3(Guit.1含む)、Cl.9(日高市吹メンバー1含む)、
       Sax.3、Hr.1、Tp.2、Euph.1(見学者)、
       Tuba.1、Bass.1、Perc.1(聖望生)、Cond.1

練習曲目
◎TREKKING~森を歩こう~(過去の練習内容5/125/196/28/11)
祝典序曲(過去の練習内容9/236/97/148/4)
第一組曲(過去の練習内容4/145/266/96/166/287/288/8)
シンフォニア・ノビリッシマ(過去の練習内容8/262/105/126/96/167/218/8)
  曲目解説

「TREKKING~」はドラマー不在のため、リズム音源を使用し、ウッディーさんの指揮で練習。
シャッフルの感じ方がマチマチなため、ユニゾンのフレーズが揃わなくなっていますので、テンポに乗ったリズムを意識しましょう。
また、他の曲でも同様ですが、音を充分に伸ばす(テヌート)事で、テンポが落ちてしまう傾向がありますので、一定のテンポを保てるよう、メトロノームを使った練習を、今一度心掛けましょう。

クラシカル3曲では、比較的テンポ感が安定していたように思います。これは、各パートの参加人数が少なかった事で、演奏が重くならずに済んだからかも知れません。
人数が増えていっても、重くなりすぎず軽快に演奏をしていきたいですね。

この日は、クラリネットが全員参加で人数が多かったので、やはりピッチやリズムのズレが気になる箇所がありました。
可能ならば、パート練習やセクション練習等の練習時間を取って、より息の合った演奏を目指していきましょう。

また、この日はEuphに見学の方がいらっしゃいました。
かなりブランクがあるという事ですが、一緒に音楽を楽しみたい、という気持ちでいてくれれば、大歓迎です。
このブログをご覧の方で、もし少しでも興味をお持ちの方がいらっしゃったら、是非一度練習にいらしてください。パートや経験等、一切問いません。
まずはこちらから...メンバー一同、お待ちしています。

09年8月11日 40周年記念コンサート、Pops曲の練習

, by Adolph

8月二回目の定時練習日。録音会まであとわずか...。

参加人数:Fl.4(Guit.1含む)、Cl.5(日高市吹メンバー1含む)、Sax.4、Hr.2、
       Tp.2、Tb.3、Tuba.1、Bass.2(聖望生1含む)、Perc.3、Cond.1

練習曲目
◎くるみ割り人形より 3つのダンス・メドレー
◎TREKKING~森を歩こう~(過去の練習内容5/125/196/2)
◎デューク・エリントン・メドレー(過去の練習内容7/147/28)
参考音源:Sophisticated LadyPerdidoその他

「くるみ割り人形~」は、初見音出しで、ざっと通した程度。
見落としがちなリズムの違いや、音量のコントロールに注意しましょう。

「TREKKING~」は、作曲者のウッディーさんの指揮で練習。
曲の雰囲気を感じきれないと、テンポが決まらなくなってしまいます。軽快さを出していけるよう、奏法を工夫していきましょう。

「デューク・エリントン~」は、速いテンポの箇所を、ゆっくりから重点的に練習。
アクセントの位置をしっかりと確認し、その指示通りに吹けるよう、メトロノームを使ってゆっくり練習しましょう。
練習の際に話しましたが、特にクラシカル曲で必要な<裏打ち>を練習することと、ジャズのアーティキュレーションの練習に共通する要素がありますので、意識的に練習してみましょう。

基本的に次の練習予定曲目は、事前に連絡するようにしていますが、この日の練習のように、曲目が変更となることが、今後もあるだろうと思いますので、あらかじめ承知しておいてください。
12

PAGE TOP