飯吹研ブログ

09年9月15日 40周年記念コンサート、Pops曲の練習

, by Adolph

入間市民吹奏楽団さんとの合同演奏後、初の合奏練習日。久しぶりの記念コンサート向けの練習。演奏会75日前でした。
果たして合同演奏で得られた刺激を活かせたのでしょうか...。

参加人数:Fl.3、Cl.7(日高市吹メンバー1含む)、Sax.6、Hr.2、Tp.3、
       Tb.5、Euph.1(見学者)、Tuba.1、Bass.2、Cond.1

練習曲目
◎ルパン三世のテーマ(過去の練習8/23)

メトロノームを使用してリズムのズレを確認、修正する練習。
<発音>の反応が悪く、リズムが完全に乗り遅れてしまう箇所が、いくつもあります。
曲の練習も大事ですが、反応のよい<発音>を、もう一度見直していく事も重要でしょう。
音域の高低にかかわらず、狙ったタイミングで狙った音を出す、というシンプルなことを、しっかりと意識して練習をしていきましょう。
参考記事...11/183/105/125/267/14等々
いつも客観的に自分の演奏を捕らえられるように、録音機器を使ったり、メトロノームを使ったり...効率的な練習を心掛けたいものです。
なお、ソリストや曲の構成等は、今後変更される可能性があります。

合奏では、一人の意識のズレが、全員に影響を及ぼしてしまいます。
個性を活かすも殺すも、全員の意識の持ち方次第ですね。

演奏会まで70日あまり...十週ほどになり、火曜日の定時練習も、残すは10回となりました。
残された時間で、何をすべきか、何をやらねばならないかは、メンバー各自が理解しているでしょう。
ありきたりではありますが、時間を有効に使っていきましょう。

コメントする

PAGE TOP