飯吹研ブログ

09年10月20日 飯能祭り、40周年記念コンサートへ向けた練習

, by Adolph

飯能祭りと演奏会へ向けた練習。40周年記念コンサートまで、あと40日

参加人数:Fl.3(Guit.1含)、Ob.1(エキストラ)、Cl.8(日高市吹メンバー1含)、
       Sax.10(聖望生1、見学者1含)、Hr.4(聖望生1含)、
       Tp.4(聖望生1、見学者1含)、Tb.3、Euph.1、
       Tuba.2(聖望生1含)、Bass.2、Perc.4(聖望生2含)、Cond.1

練習曲目
◎青春の輝き(過去の練習内容2/33/33/318/23)
◎くるみ割り人形より 3つのダンス・メドレー(過去の練習内容8/118/238/259/2910/6)
◎ルパン三世のテーマ(過去の練習8/239/159/22)
シンフォニア・ノビリッシマ(過去の練習内容8/262/105/126/96/167/218/88/168/239/229/29)
◎崖の上のポニョ(過去の練習内容8/199/99/3010/710/1910/2110/289/69/12)

「青春の輝き」は、サックスセクションがフィーチャーされており、サックスメンバー勢ぞろいで、サウンド作りを進めました。
ソロとバック、このフレーズの受け渡しや音量バランス等、更に詰めていく必要がありますね。
この曲に限ったことではありませんが、音程をしっかり合わせていくように心がけましょう。
11/412/2の記事を参考に、個人練習をしていってください。

「くるみ割り~」は、曲頭のハーモニーを確認。
最低限、同じ音を出している人同士の音程は合わせるように、もっと耳を使っていきましょう。
中間部は、テンポが動きますので、ソロのホルンを聞きながら、指揮に合わせるようにしていきましょう。

「ルパン~」は、速いテンポに追いつけず、無理やり音を鳴らしているように聞こえて、曲の疾走感が失われています。
以前から書いているように、確実な発音を、よりしっかりと身に付けておかねばなりません。
狙ったタイミングで狙った音が出せない、という状況は、何かが間違っている事を理解しましょう。その原因が、奏法なのか、リズム感なのか、練習不足なのか...これらは人それぞれに違っています。
この問題を克服するための方法も、人それぞれですので、合奏だけでの解決は不可能です。個々に自分の症状をチェックしておきましょう。

「シンフォニア~」は、時間の都合もあり、ざっと通して、気になった箇所を返した程度。
注意すべき点は、依然と同様です。

「崖の上のポニョ」も、時間の都合で軽く通して、確認した程度でした。

すべての曲で共通なのは、合奏ではひたすら耳を使って、アンサンブルを作っていくように心掛けましょう。
音程やリズム、フレーズ感やダイナミクス等々、合わせるべき要素は多くあります。
自分独りで音楽を作っている訳では無いのです。演奏会も同様です。もっと周囲に耳を傾けられるようにしていきましょう。

本番が近づくにつれて、合奏に掛ける時を、更に増やしていく必要が出てきます。必然的に個人練習に使える時間が、少なくなってしまうかもしれません。
定時練習の合奏前を有効に活用したり、週末練習も出来るだけ練習時間と場所を確保しています。
1/273/316/210/6と、何回も書いてきた事でもありますが、限られた時間と場所を有効に使い、自分の練習すべき内容をしっかり意識して、レベルアップを図っていきましょう。

今週末は合宿です。

09年10月13日 飯能祭り、40周年記念コンサートへ向けた練習

, by Adolph

11月初めにある、飯能祭りでの演奏予定曲、及びコンサート演奏予定曲の練習。
40周年記念コンサートまで、あと47日...。

参加人数:Fl.4(Guit.1含む)、Ob.1(エキストラ、)、Cl.6、Sax.8、
       Hr.3、Tp.4(聖望生1含む)、Tb.4、Tuba.1、
       Bass.2、Perc.5(聖望生2含む)、Cond.1

練習曲目
天地人
祝典序曲(過去の練習内容9/236/97/148/48/168/239/19/229/29)
Mas Que Nada(過去の練習内容6/247/17/221/204/76/237/288/188/23)

天地人」は、飯能祭りでの出演バンド合同演奏の予定曲として、初見音出し。
コンサートへ向けた練習の中で、指摘や注意されてきた内容を、他の曲にも応用していけるようにしましょう。
おおよそ、同じ内容で注意される事が多いように思われますので、少し意識を高めていく必要がありますね。

祝典序曲」は、なかなか一筋縄ではいきません。
個々の技術向上もさることながら、テンポ感やリズム感、イントネーションやダイナミクス等々、合奏で合わせていかねばならない要素が、課題としてまだまだ残されています。

Mas Que ~」は、リズムの詰めがあまい箇所が、何箇所もありました。
他の全ての曲にも共通なのですが、音を長めに吹くのと、音を押す(後押し気味になる)のは、全く別物です。
後押しにならないためにも、きちんとした発音やロングトーンが重要です。
目前のコンサートだけに限らず、これから先の演奏にも関わってきますので、きちんと意識をした練習をしていきましょう。
参考記事...11/183/105/125/267/149/15等々
ロングトーンは、ただ音を長く伸ばすだけではなく、伸ばしている音が無理無く安定していることが重要です。
Long Toneであって、Wrong Toneにならないように、気をつけましょう。

合奏の時間が限られていて、練習する曲目も多いため、一つの曲に集中する期間を作ることは出来ません。曲によっては、合奏から合奏までの時間が開いてしまうことも多々あります。
しかし、久しぶりに合奏練習する曲だからといって、出来が悪くていい訳はありません。
6/23の記事と同じ事を書きますが、練習は、積み重ねるごとに、よりよくなっていくべきで、忘れていたことを思い出す時間を、少なくしていきたいものです。

この日は、ご見学の方がお二人いらっしゃいました。
ホームページをご覧になって、コンタクトを取ってくださいました。
是非一緒に音楽を楽しんでいきましょう。

09年10月6日 飯能祭り、40周年記念コンサートへ向けたPops曲の練習

, by Adolph

10月最初の火曜定時練習。演奏会の選曲を再検討...。
この日で演奏会まであと54日。

参加人数:Fl.4(Guit.1含む)、Cl.4(日高市吹メンバー1含む)、Sax.6、
       Hr.4(聖望生1含む)、Tp.3(聖望生1含む)、Tb.3、Tuba.1、
       Bass.2(聖望生1含む)、Perc.2(聖望生1含む)、Cond.1

練習曲目
◎君をのせて
◎くるみ割り人形より 3つのダンス・メドレー(過去の練習内容8/118/238/259/29)
◎We are the World(過去の練習内容9/69/89/12)

「君を~」は久しぶりなので、軽く通した程度でした。

「くるみ割り~」は、前半部のリズムとダイナミクスの抑揚を、はっきりと付けるように注意。中間部はテンポをルバートさせるので、指揮をしっかり見て、ソロをよく聞いて、自分のフレーズの意味を理解しながら演奏しましょう。後半はテンポ感をそろえて、まとまった演奏を心掛けましょう。

「We are~」は、先日の入間市吹さんとの合同演奏で好評だったものを、飯吹研単独で挑戦。所見のメンバーもいたので、軽く通した程度。

このブログの記事を過去に遡っていくと、その時々の練習曲目・内容やミーティング内容等々が見ることが出来ます。
もちろんブログ上に載っていない内容もありますが、メンバーにはミーティング内容は書面で渡っていますし、練習内容はメモや録音が残っていると思います。
過去のアイディアや意見等を活用するためにも、是非このブログを更に利用していって下さい。

本番が近づくにつれて、様々な要素に修正、見直しが必要になってくることは多々あることと思いますが、これまでの練習やミーティングの積み重ねの上に、よりクオリティを高めるためには、必要なステップなのでしょう。
演奏会に来場された皆さんに、楽しんでいただく、それこそが重要です。そのために、限られた時間を使って、出来る限り思案をめぐらせていきましょう。

09年10月4日 週末練習

, by 〇石

10月初めの練習です!
練習場所は南高麗公民館。山間の静かな所です♪


参加人数:Cond.1、Fl.4、Cl.3、Sax.4(聖望生1名)、
     Tp.4(入間市吹1名)、Euph.3(聖望生1名)、Tuba.2(入間市吹1名)
     Bass.3(聖望生1名)、Perc.2(聖望生1含む)

練習曲目
 ホルスト第1組曲
 チキン
 ルパン3世

今日から新たしい仲間が増えました!結果、Euphが3名に!!
そんなことで、第1組曲では中低音のパートの音作りを中心に行いました。
また、チキンやルパンは、シンコペーションをしっかりと意識すること!それについての練習方法などを中心に。
何かと忙しい秋ですが、本番を前に多くのメンバーが予定を飯吹研中心に動いてくれています!感謝感謝♪
この勢いを、絶やさず本番まで乗り切りましょう!!

09年9月29日 40周年記念コンサート、クラシカル・Pops曲の練習

, by Adolph

9月最後の練習日。演奏会まで、あと61日でした。

参加人数:Fl.3、Cl.4、Fg.1、Sax.5(聖望生1含む)、Hr.4(聖望生1含む)、
       Tp.4(聖望生1含む)、Tb.1、Euph.1(聖望生)、Tuba.1
       Bass.2(聖望生1含む)、Perc.3(聖望生1含む)

練習曲目
祝典序曲(過去の練習内容9/236/97/148/48/168/239/19/22)
シンフォニア・ノビリッシマ(過去の練習内容8/262/105/126/96/167/218/88/168/239/22)
◎くるみ割り人形より 3つのダンス・メドレー(過去の練習内容8/118/238/25)

この日は会長不在のため、私が代理をしました。
祝典序曲」は、リズムに気をつけてテンポがブレ無いように。
裏打ちのフレーズが多いので、軽快に演奏できるよう、発音の練習が必要です。
2/2拍子で<2拍目ウラ~次の小節アタマ>という流れを、しっかり揃えるように心掛けましょう。

シンフォニア~」は、フーガ部分のフレーズを確認。音を伸ばしすぎず、リズミックに演奏すると、それぞれのフレーズの絡みがすっきりと聞こえるようになるでしょう。
祝典序曲」も同様ですが、伸ばした音の後のリズム(特にシンコペーション)が、走ったりもたれたりと安定していません。伸ばしている音の中にも、リズムを感じるように...。

「くるみ割り~」は、時間の都合で軽く通した程度。
前半はメトロノームを使用し、速いテンポで安定したリズムを刻めるよう練習。
休符の後や裏拍で始まるフレーズが重くなりがちです。休符をタメ過ぎずに演奏しましょう。
スローな中間部は、指揮をしっかり見て、互いの音をよく聴きあって、アンサンブルを揃えていきたいですね。
後半は、やはり様々なフレーズが絡み合っていますので、周りの音をよく聞いて、すっきりとした演奏を目指しましょう。

さて、この日から念願のFagot奏者の方が仲間入りされました。
またHornパートの増強によって、全体のサウンドがかなり充実してきました。
全パート揃っての音出しが、更に楽しみになってきました。

演奏会本番が近づいてきましたが、飯吹研では随時メンバーを募集しています。
本番参加の可否については、見当させていただきますが、もし少しでも興味がありましたら、遠慮なくこちらまでご連絡下さい。
演奏されない方々も、演奏会を是非聞きにいらしてください。
メンバー一同、お待ちしています。

PAGE TOP