飯吹研ブログ

09年11月28日 本番前日 舞台設営~部分リハーサル

, by Adolph

本番を翌日に控え、夕方から会場の舞台設営をして、僅かな時間でしたが、クラシカル曲を中心に練習をしてきました。

前回のブログでも書きましたが、今回の演奏会はこの数年間と違うチャレンジをしています。
そのため、メンバー各々が慣れない状況の中で、よりよい演奏を目指して精一杯頑張っています。

飯吹研らしさ...その中にいると、意外と見えにくいものだったりするのかもしれませんが、舞台を作っていく中で、他の団体とは違うと感じられる要素が、多く見えてくるように思います。

久しぶりの大ホールでの演奏会を、メンバー全員が協力し、また楽しんで手作りで演出しています。
演奏者だけでなく、舞台を手伝ってくれている友人や家族をはじめ、会場のスタッフの方々など、多くの方々の協力があって、今回の舞台が作られています。

そして、この舞台を聴きに来てくださる皆さんがいて、はじめて演奏会が成り立ちます。

今の飯吹研の、ありのままを楽しんでいただければ...40周年記念演奏会...ご期待ください。

IMG_2235.JPG

09年11月24日 本番前最終定時練習

, by Adolph

本番まで、あと5日...富士見公民館での最終練習でした。

第1部~第2部の曲を通しを中心に練習。
前日のホールでの練習の状況を基に、テンポ感や、バランス等を再確認。

今回の演奏会は、ここ数回の飯吹研の演奏会とは違うアプローチで挑んでいます。
40周年の節目を迎え、吹奏楽サウンドの原点回帰を図り、また、飯吹研らしさとは...という事を、もう一度見直してプログラムを組んだつもりです。


これらの目標が達成できているのか...本番の舞台で、是非確認をしてください。
皆さんのご来場を、メンバー一同、心よりお待ちしております。

09年11月23日 聖望学園合同練習~ホール練習

, by Adolph

コンサートまで、あと6日...ついに1週間を切りました。

参加人数:Fl.5、Ob.1(エキストラ)、Cl.9(日高市吹メンバー1含)、
       Fg.1、Sax.7(聖望生1含)、Hr.4(聖望生1含)、
       Tp.7(入間市吹メンバー1含)、Euph.3(聖望生1含)、
       Tb.3、Tuba.2(入間市吹メンバー1含)、Bass.2、
       Perc.6(聖望生2含む)、Cond.1

この日の午後は聖望学園の音楽室をお借りして、音楽部の有志との合同練習。
聖望音楽部の演奏予定曲と、40周年コンサートの第1部クラシカル・ステージの曲目を共に練習。

その後、夕方からは本番の会場でもある市民会館大ホールでの練習。
舞台セッティングから通し練習へ...。

ホールでの音の聞こえ方の違い等を認識して、各々が演奏を見直す必要があるように思いました。
自分の音が普段の練習より聞こえにくく感じて、必要以上に大きく吹きすぎてしまったり、それによって他のメンバーも同様に...というように、悪循環に陥りやすいです。
自分の音だけでなく周りの音に、いつも以上に耳を傾けられるように心がけていきたいですね。
そして、この日のホールでの経験を、本番の演奏に反映していきましょう。

09年11月17日 40周年記念コンサート、Pops曲通し練習

, by Adolph

コンサートまで、あと12日...第2部Popsステージの通し練習。

参加人数:Fl.4、Cl.7、Sax.9(聖望生1、見学者1含)、
       Hr.3(聖望生1含)、Tp.5(入間市吹メンバー1、見学者2含)、
       Tb.3、Euph.1(聖望生)、Tuba.1、Bass.2、
       Perc.6(聖望生2含む)、Cond.1

プログラム通りに通し練習。プログラムは当日のお楽しみ...という事で、練習曲目も伏せておきます。

演奏はもちろんの事、司会や演出にまつわる進行も確認しつつ、練習を進めました。
練習とはいえ確認事項が多くあるため、曲ごとの細かい修正をしている時間は、ほとんど取れません。
これまでの練習で積み重ねてきたことを、きちんと本番の演奏に活かせるか...。個々にもう一度(何度でも...)楽譜を読み直し、復習しておくようにしましょう。

飯吹研、久しぶりの大ホールでの本番...40年間欠かさずに出演しているメンバーも、今回初めてのメンバーも、共に一つの舞台を成功させるため、一丸となって頑張っていきましょう。

09年11月15日 週末追加練習

, by Adolph

日曜午前中の追加練習。40周年記念コンサートへ向けた追い込み練習。

参加人数:Fl.4、Cl.6(日高市吹メンバー1含む)、Sax.4、
       Fg.1、Hr.3(聖望生1含む)、Tp.3、Tb.3、Tuba.1、
       Bass.1、Perc.5(聖望生2含む)、Cond.1

練習曲目
祝典序曲(過去の練習内容9/236/97/148/48/168/239/19/229/2910/13、合宿、11/10)
第一組曲(過去の練習内容4/145/266/96/166/287/288/88/168/239/2210/4、合宿)
シンフォニア・ノビリッシマ(過去の練習内容8/262/105/126/96/167/218/88/168/239/229/2910/20、合宿、11/10)
◎TREKKING~森を歩こう~(過去の練習内容5/125/196/28/11、10/10)
チキン(過去の練習内容7/218/88/2310/4、合宿、11/3、11/7)
◎ルパン三世のテーマ(過去の練習8/239/159/2210/20、合宿、11/1)
◎デューク・エリントン・メドレー(過去の練習内容7/147/288/118/189/1、合宿、10/2711/1)

多くの社会人バンドでも同様だろうと思いますが、練習毎に参加メンバーが異なるため、同じ曲を重複して練習をせねばなりません。
また、ソロ奏者が不在の際には、違うメンバーが代わりに演奏をしなければならないシチュエーションも、多々あるでしょう。
他にも、楽器そのものがいない状況等々、理想的な状況で演奏出来る機会は、とても限られていると思います。
それぞれの置かれた状況で、最善を尽くすために、臨機応変に対応していけるようにしていきましょう。

合奏は個人の集合体であり、各個人に同じだけの責任があります。ソロの有無、パートやセクションの人数に関わらず...です。
メンバー全員が共通の認識を持って、一つの舞台を創りあげるため、あと少し努力を重ねましょう。
123

PAGE TOP