飯吹研ブログ

総括...思いつくままに...

, by Adolph

今年は飯吹研40周年の年でした。
昨年のうちから記念演奏会に向けた準備を始めて、いつもの演奏会より時間を掛けて挑んできました。
過去のブログ記事をご覧いただければ、その歩みを確認できますが、ざっと箇条書きにしてみようと思います。
なお、年間行事という事ではなく、40周年記念のイベントや新たな活動のみとします。

2月  パート別クリニックを開催
4月  桜祭り~40周年記念行事として...
8月  録音会
9月  入間市民吹奏楽団との合同演奏
10月 合宿
11月 飯能祭り
    ホール練習
    40周年記念演奏会
またこの他、週末に会場を借りて、追加練習を増やしていきました。

この中でクリニックと録音会は、近年の飯吹研で行っていなかった事でした。
クリニックは、定期的に行う事が理想的で、単発で終わってしまうと、その成果の確認や、ステップアップが難しくなると思います。
録音会は、先の記事にも書いたように、自分達のやっている事を確認する上で、欠かす事は出来ません。

合同演奏は、近隣の吹奏楽団体との連携をとって、これからも音楽の輪を広げていければ、更なる発展を期待できるでしょう。クリニック等も合同で出来るだろうと思います。

これらの全てに共通する事は、視野を広げる、という事だろうと思います。
クリニックでは、プロによる指導のより自分に見えなかった部分を見直す、録音会では、自分自身で自分の演奏を見直す、他団体との演奏では、同じような環境(社会人)で音楽を続けている、様々な人の演奏に触れて、自分たちを見つめ直す...。
自分(たち)らしさを保ちつつ、自分(たち)の殻に閉じこもらずに、更に発展を続けていく事が出来れば、音楽が今まで以上に楽しいものになっていくでしょう。

2010年、飯吹研は41年目へと続いていきます...これからも更に更に発展していきます。
皆さんのご支援を、何卒よろしくお願いいたします。

09年12月15日 演奏会VTR鑑賞 22日 個人練習

, by Adolph

12月15日は、去る11月29日に開催した40周年記念演奏会のVTRを鑑賞。
自分たちの演奏を確認しながら、よかった点や反省点、今後の課題等など、様々な事を考える事が出来ました。
このブログでも何度も書いていましたが、練習の時から客観的に自分達の演奏を聞く、という事はとても重要な事です。
残念ながら、演奏している本人は、その瞬間を客席で聴く事が出来ません。録音した(された)ものを、あとで聞く事しか出来ません。そしてそれは、生の演奏とは違う環境で聞くので、本番独特の空気感とは違うのです。
演奏者が自分自身の演奏を、リアルに確認出来ないのは仕方が無いので、お客さんのご意見というものが、とても大事なものになります。

演奏会にご来場いただいた方々からのアンケートは、メンバー一同で目を通させていただきました。自分達のステージを、自分たちでも確認し、今後に活かしていきたいと思っています。
このブログをご覧の方で、もしアンケートを出し忘れた方や、ご意見・ご感想等々がある方がいらっしゃいましたら、遠慮なくこちらまでお知らせください。よろしくお願いいたします。


12月22日は年内最後の練習日、個人練習の日になりました。

練習に参加したメンバーは、個々に課題に取り組み、演奏力向上に励みました。
社会人のメンバー(会員のほとんど)にとっては、個人練習に多くの時間を割ける事は、とてもうれしい事です。
これからも、個々のレベルアップを図り、そして合奏のクオリティを更に高めていきましょう。

09年12月8日 公民館祭りへ向けた選曲・練習

, by Adolph

毎年3月にある、練習会場の富士見公民館の祭りへ向けた、選曲と練習。

参加人数:Fl.4、Cl.4、Sax.6、Hr.2(聖望生1含)、Tp.1、
       Tb.1、Tuba.1、Bass.1、Perc.1(聖望生)、Cond.1

練習曲目
◎日本の情景<春>
◎日本民謡を訪ねて-Vol.2
◎さくらさくら
◎アニメ・メドレー 翔べ!ガンダム

過去に数回練習した事のある曲や、ほとんど練習していない曲目で、曲の雰囲気を確認し、選曲していきました。
この日は参加メンバーが少ないため、一部メロディーが無くなったり、ハーモニーが薄くなったりという事もありました。
しかし、様々なイベントの際にも少人数での演奏を余儀なくされる事もあり、そういった時のための対応も練習時に経験しておく事も必要です。
スコアを確認したり、他のパートの楽譜を読み替えたり...臨機応変な対応が求められます。
練習時でも、曲がより分かりやすいように、より楽しめるように工夫をしながら、音楽を楽しみ、学んでいます。

演奏会前から、何度か見学をされてきたお二方が、この日からご入会されました。
飯吹研の次へのステップを、一緒に歩んでいきましょう。

09年12月1日 演奏会終了後の初練習

, by Adolph

2日前に40周年記念演奏会を終え、新たな目標へ向けての練習でした。

参加人数:Fl.3、Cl.5(日高市吹メンバー1含)、Sax.4、Hr.1、
       Tp.1、Tb.3、Tuba.1、Bass.1、Cond.1

練習曲目
◎Coronation March
◎Trumpet Voluntary
両曲とも"Classical to modern CONCERT BAND FOLIO"より

大きな本番を終えて、基本に立ち返ろう、という事で、アンサンブル的な練習課題に取り組みました。
ユニゾンのピッチやニュアンスを合わせ、主旋律と対旋律のバランス等々、合奏の基本的な要素を練習。
演奏会へ向けて、曲を組み立ててきた内容を再確認し、今後に活かしていきましょう。

飯吹研では、いつでもメンバーを募集しています。
演奏会を終えたこのタイミングは、現会員も新たな目標へ向けて、スタートを切りますので、同じスタートラインに立つチャンスだと思います。
見学だけでも構いませんので、気楽に飯吹研に遊びに来ませんか?
皆さんのお越しをお待ちしております。

40周年記念コンサートを終えて ~ベーシストより~

, by 飯吹研会員

皆様こんばんわ。

そして飯吹研音遊人をご覧になった事の無い方は初めまして!

低音倶楽部のバビーです♪

 

まずは11月29日に行われました

「飯能吹奏楽研究会40周年記念コンサート」に

ご来場頂きました多くの皆様、

コンサート開催に際しましてご協力頂きました皆様、

まことにありがとうございました~♪

お陰様をもちまして無事大団円を迎える事が出来ました。

 

コンサートの概要はコチラに記事が挙げられておりますので

此処では大分時間が経ってしまいましたが、

遠い千葉の地より~コンサートの個人的な感想&裏話等を

チョコチョコと勝手に書いていきたいと思います。

 

まずは今回の演奏会!皆様の目にはどう映り、どう心に響きましたでしょうか?

私の場合、参加させて頂くのが丸10年振りだったのですが、

飯吹研は「一般的な吹奏楽団」の概念に当て嵌めて

見ようとするとやはり「何か」が違いますよね(笑)

 

映像演出アリ!歌アリ!でリハーサル時に初めて形を成したモノを

ステージ上から観た時は「おぉぉ!」と唸らせられる事が多々ありましたし、

 

フライヤー等、コンサートの始まる前段階で

皆様の目に届けられるモノといったら

プロミュージシャンのコンサートに行っても

お目に掛かれないようなレベルの高さ!

 

来て頂くお客様目線に立とうとする演奏会作りに対する姿勢と

メンバー&スタッフの尽力ぶりは

傍から見ていて「凄いな」と脱帽するばかりでございました。

 

さて、私個人はどうだったかと言いますと

10年振りの大きな演奏会で演奏する事に加え

高校3年生以来......約14年振り(歳バレるがな)に

「The Chicken」でフロントに立たせて頂いたり

その後にソロを採らせてもらう事になりまして、

何と言うか......まぁ......我ながら情けないのですが、

もう本番一時間前には「ガッチガチ!」に固まった石の様な状態(笑)

 

しかも、今更?と言わんばかりに

「前に立った時のあの演出では駄目じゃないかな?」

と周りに迷惑な相談し始める狼狽ぶり(苦笑)

 

実際「The Chicken」では用意していたネタの半分も出来なかった上に、

曲を脱線させかけたり、他の楽曲でもゴニョゴニョ......

そしてベース&ドラムのDuoでは急遽予定になかった事を突然やり始め(;^_^A

それこそ本番中に「あれれ?」と思ったメンバーもいたかと思います。

 

因みに演奏動画がございますので、

せっかくの機会!ご紹介させて頂きますねー♪

M君。高校2年生とは思えない堂々たる叩きっぷり!圧巻の一言です!

 

私の方はこの動画の直前の辺りからなのですが、

皆様に頂きました手拍子のおかげで緊張一辺倒だった気持ちが

一気に楽になりまして本当に助けて頂きました。

ありがとうございます!

 

それにしても......この動画だけ観ると吹奏楽の演奏会らしくはないですよね(笑)

喜んで頂けたら本望なのですが、今回の「Duo」。

おそらく飯吹研でも初の試みかと思うのですが、

皆様はどのように感じられましたでしょうか?

ひと月近く経ってしまい今更な感もありますが(;^_^A

酸いも甘いもご感想ありましたらお待ちしております~。

 

後でこの「Duo」に関しましては裏話的な事も少し、

アチラに書いておこうかと思いますので

ご興味ある方はたまに覗いてやって下さいませ♪

 

アレ?核心に触れない中身の無い文章なのにやたらと

長くなってしまいましたね(笑)

 

......という事でして、

短い時間でしたが懐かしい仲間、そして新しい仲間達と共に

一つ大きな行事に取り組めた事。

私にとっては......まぁ......ちょっと大変でしたが(ココは笑う所ですよ!)

とても幸せな時間を過ごさせてもらいました。

 

私自身は幽霊会員みたいなモノですので

第三者的な立場からの発言になってしまいますが、

この素敵な仲間達が作り上げるステージ。

今回の様な大きな演奏会だけでなく、

年間を通して飯能各所で観る事ができます。

 

彼らは「小さな幸せのカタチ」を皆様の心に届けてくれるかと思います。

ご都合宜しければ是非!飯吹研のステージをご覧に足をお運び下さい!

PAGE TOP