飯吹研ブログ

10年8月3日

, by Adolph

この日は何故か人数の少ない練習となってしまいました。

特に金管は2名のみ…皆さんどうしちゃったのでしょう…。

 

ということで、合奏はファースト・ディヴィジョンのみ使用し、アンサンブル的な練習となりました。

ファースト~のシンプルな曲を用いて、メンバー個々の歌い方を確認し、

それを指揮に合わせて整えていく、というような、合奏の組み立てを練習しました。

 

ファースト~の冒頭にある、ウォームアップを活用していますが、

こういった練習も、何を目的にするか、で、その効果が大きく変わってきます。

ずっと以前に取り組んだ、リズムトレーニングも応用しつつ、

音価を意識するトレーニングも、少しずつ進めていきましょう。

 

また、平均律の3度と純正律の3度の、響き方の違いも実験しました。

実際の合奏の中では、ケースバイケースで音程の取り方を変える必要がありますが、

その前に、各々が自分の楽器の音程を把握出来ていなければなりませんね。

 

さて、来週も新たな楽譜を、いくつか持っていくつもりです。

以前やった曲もありますが、初見に近い状態でも、ある程度の形に出来れば…と思っています。

お楽しみに…。

コメントする

PAGE TOP